雑誌詳細:法学セミナー  2009.7

2009.7 通巻 655号

  • 紙の書籍
毎月12日発売
[特集1]
ゼロから学ぶ民法学習ガイド【契約法・不法行為法編】
定価:税込 1,132円(本体価格 1,048円)
在庫なし
発刊年月
2009.06
雑誌コード
08069
判型
B5判
ページ数
136ページ

内容紹介

契約法・不法行為法の分野を初歩からじっくりと学ぶ。そのほか、民法学習のしかたを考える座談会、民事訴訟法など他科目への橋渡しもされる、民法学習ガイド特集の完結編。

■現代の人権

外国人労働者の政策課題/早川智津子



■立法と現場

司法の格差解消のために――総合法律支援法/宮本康昭



■ロー・ジャーナル

「高知白バイ衝突死事件」が提起する問題点/京 明

ネット書き込みで名誉棄損は成立するのか/紀藤正樹



●特集 ゼロから学ぶ民法学習ガイド【契約法・不法行為法編】



契約法の道案内/野澤正充

不法行為法の道案内/窪田充見



しだいに民法が好きになってきた人たちに贈る隣接分野からのメッセージ

商法分野から/洲崎博史

民事訴訟法分野から/宇野 聡

裁判実務の分野から/村田 渉



【座談会】これから民法学修を深めようとする皆さんへ

 /大関慎也・川本美保・宇野 聡・多治川卓朗・山野目章夫[司会]





■ロー・クラス

法人税法と企業会計の乖離――税効果会計の必要性/葭田英人



都市型公設事務所の挑戦――弁護士を待つ人々の中へ(19)

 二つの支所活動を通じて――岡山パブリック法律事務所の経験/榎本康浩・高木成和



現代司法書士論(16)第5部:家事事件分野1

 家事事件と司法書士の役割/大貫正男



発信 憲法地域事情(10)【総論編2】道州制/大沢秀介



憲法 解釈論の応用と展開(16)人権各論(6)学問の自由と教育を受ける権利/宍戸常寿



現行民法典を創った人びと3

 起草委員――穂積陳重・富井政章・梅謙次郎/七戸克彦



不動産法入門4

 不動産の取引(3)売主の瑕疵担保責任の制度・概観/秋山靖浩



基礎トレーニング民法総則(28)時効(その1)/中舎寛樹



物権法講義(16)第4章:所有権(2)所有権に固有の取得原因/河上正二



セカンドステージ債権法43

弁済(5)――弁済による代位②・代物弁済・弁済供託/野澤正充



刑法総論の考え方(4)犯罪論の体系/松原芳博



刑法各論で考える(22)社会法益に対する罪3

 ――公共危険罪3(放火罪3[延焼罪]・失火罪・出水罪・往来妨害罪1)/伊東研祐



会社法入門──市民・消費者の視点から考える(10)

 新株予約権(2)──買収防衛策と企業価値の判断主体/上柳敏郎





■最新判例演習室

憲法/榎 透

行政法/大久保規子

民法/吉永一行

商法/鳥山恭一

民事訴訟法/上田竹志

刑法/松宮孝明

刑事訴訟法/豊崎七絵

労働法/本久洋一



■ライブラリー

書評■梓澤和幸・田島泰彦編著『裁判員制度と知る権利』/白取祐司

書評■弥永真生著『会社法の実践トピックス24』/黒沼悦郎

新刊ガイド



■ロー・フォーラム

裁判と争点

立法の話題

最新立法インフォメーション

司法改革ウォッチング■裁判員制度の動きをみる/「弁護士力」各論――想像力と決断力



法科大学院生レポート

司法修習生

弁護士事件ファイル

司法書士の生活と意見

判事補メモ





●休載のお知らせ

連載「行政法 事案解析の作法」は著者都合により、9月号(657号)まで休載させていただきます。読者の皆さまには誠に申し訳ございませんが、ご理解のうえ、連載再開をお待ちいただけますようお願い申し上げます。――編集部

新司法試験問題の検討2009

4年目を迎えた今年の新司法試験問題を、各分野のプロが詳細に検討する。問題の質、量、傾向を理念に照らして分析し、試験のあり方を確認する。8月発売の増刊号を読む前に確認しておきたい、法科大学院生・修了生必読の特集。