雑誌詳細:経済セミナー  1999.3

1999.3 通巻 530号

  • 紙の書籍
奇数月27日発売
[特集1]
アマルティア・センの世界
定価:税込 895円(本体価格 829円)
発刊年月
1999.02
雑誌コード
03545
判型
B5判

内容紹介

1998年のノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・セン教授。厚生経済学、開発経済学、社会的正義についての考察など多方面に渡る業績を鳥瞰し、倫理を重視しつつ現実問題と格闘する、その思想の全体像に迫る。

特集 アマルティア・センの世界



 経済学の良心あるいは良心の経済学  川本隆史

 開発研究にセンがもたらしたもの  峯 陽一

 厚生経済学から福祉の経済学へ  鈴村興太郎

 社会保障とセンの潜在能力理論  後藤玲子



特集II 動き出すNPO



 NPOとは何だろう  田中敬文

 NPOの財政基盤を強化するには  山内直人

 [座談会]日本のNPOに求められるもの  渡辺 元・下田博次・渡辺豊博



時事 ニュースの経済学

 [消費の冷え込み]

  「犯人」は地価?株価?それとも…  山崎福寿

 [伝言ダイヤル事件]

  「新種の犯罪」騒ぎで得するのはだれ?  倉澤資成



論文

 旧ソ連・中東欧経済の現状  小浜裕久



連載  ミクロ経済学─戦略的アプローチ(11)

  寡占と結託の経済効果  梶井厚志・松井彰彦

 検証│アジア経済(8)

  東アジアの比較優位構造の変化(2)  高中公男

 静脈経済─もう一つの自動車産業論(5)

  解体業者(2)  村松祐二

 戦後日本の産業発展(7)

  電気・電子機械工業の発展(2)  小浜裕久

 ワルラス経済学とは何か(12)

  投資と資産価値  三土修平



 ECONの風景

  預言の力  猪木武徳

 当世ニッポン診断

  大人が子供になめられている  永谷敬三

 往復書簡 経済学との対話

  「大学院ブーム」の行き着く先は  飯田経夫

 経済KEYWORD

  Euro  岡部曜子

 アメリカ留学体験記

  経済学の制度化とエコロジー経済学  小島道一

 海外論文SURVEY

  クレジットクランチと銀行の自己資本  鯉渕 賢



ほん  エコノミストの読書日記

  市場経済の明暗  香西 泰

 書評

  吉田文和著『廃棄物と汚染の政治経済学』

  伊東維年著『テクノポリス政策の研究』

 田口正己

 松原 宏



 新刊書紹介/ロングセラー・ベストセラー/編集部に届いた本





ひと  山内 直人さん



 経済セミナー総目次 1998年4月号~1999年3月号(No.519~No.530)