雑誌詳細:そだちの科学  (2008年10月号)

(2008年10月号) 通巻 11号

  • 紙の書籍
4、10月(年2回)発売
[特集1]
自閉症とこころのそだち
定価:税込 1,440円(本体価格 1,333円)
在庫あり
発刊年月
2008.09
旧ISBN
4-535-90711-9
ISBN
978-4-535-90711-9
雑誌コード
63955
判型
B5
定期購読申込ページへ

内容紹介

創刊以来の再特集。発達障害への世間的関心が高まるなか、この5年で自閉症研究・療育・治療実践は、どう展開されてきたか。

"●特集によせて



I=治療・研究のフロンティア

自閉症のこころの問題にせまる  小林隆児

自閉症への多面的アプローチ

  ─発達というダイナミックな視点から  神尾陽子

自閉症スペクトラムの原因論

  ─人間の多様性のひとつとして捉える  鷲見 聡

広汎性発達障害とトラウマ  杉山登志郎

高機能自閉症という「くくり」について  岡田 俊

特別支援教育のなかの自閉症  田中康雄



II=自閉症のこころにせまる

昨今の児童精神科臨床と発達障害

  ─日常臨床のなかで考えたこと  安藤 公

家族へのアプローチ  西本佳世子

精神分析の立場から  平井正三

発達臨床の立場から  山上雅子

心理臨床の立場から  酒木 保



III=そだちの現場から

発達障害者支援施策の現在  大塚 晃

自閉症児への自立支援  高畑庄蔵

地域に生きる自閉症児たち  小林秀次・辻井正次

自閉症児とのコミュニケーション─保育の現場から  七木田方美

クリニックの役割について  鈴木啓嗣

家族の立場から(1)─41歳になった博  深見 憲

家庭の立場から(2)─高機能発達障害の息子  植原淳子



?=ライフステージと自閉症

自閉症の兆候がある乳児のケア  黒川新二・米島広明

幼児期における療育の焦点  若子理恵

学童期のペアレント・トレーニング  飯田順三

思春期における広汎性発達障害─外来診療から  青木省三

アスペルガー少年の思春期─児童精神科病棟から  西田寿美

大学生における「アスペルガー症候群」の理解と対応  滝川一廣

成人期の自閉症者とむきあう  村田豊久



ブックガイド・児童精神医学のながれ

『自閉症とは何か』── 小澤 勲 小林隆児

『詳解 子どもと思春期の精神医学』

  ── 中根 晃・牛島定信・村瀬嘉代子編 山登敬之

『闇の子供たち』── 梁 石日 杉山登志郎



●連載

相談窓口から「そだち」をみる  (11)「告知」がもたらすもの─自分の発達特性を知る  高野久美子

親と子がともに育つということ  (11)何かが崩れ始めている?  大日向雅美

こんな男に誰がした──育てられのカガク  (10)ニュータウン、夏  山登敬之



編集ノート

そだちの科学 12号 2009年4月11日発売 予価(税込)1,500円

遊びとそだち

予定内容=総論/遊びとそだち/遊びの考現学/遊びの思い出