雑誌詳細:こころの科学  (1996年11月号)

(1996年11月号) 通巻 70号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
いじめ
河合隼雄 編
定価:税込 1,495円(本体価格 1,359円)
発刊年月
1996.10
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
164ページ

内容紹介

いじめ問題は、時代の病理の象徴として冷静に考察されねばならない。本特別企画では、いじめの本質を心理臨床・精神医学の視点からとらえ直すとともに、スクールカウンセラーの導入をはじめ学校現場における意欲的な試みについて紹介する。学校臨床心理士アンケート収載

●巻頭に・・医療と福祉の新時代 山下 格

特別企画 いじめ



[対談] いじめの深層 河合隼雄・赤坂憲雄



[PART1] いじめを考える

いじめ考─社会変化の地図のなかで  滝川一廣

〈異界〉といじめ─漫画「陰陽師」にみる鬼退治  岩宮恵子

いじめスペクトラムと現代っ子

─いじめ下手といじめられ下手  頼藤和寛

自尊心といじめのメカニズム

─序列への異議申立ての視点から  原口幹雄

遊び心なきギャング・エイジ現象

─情緒障害児といじめへの一視角  松尾恒子

攻撃性といじめ─子ども時代を失った子どもたち  竹江 孝

いじめをなくす─学校でできること・できないこと  赤田圭亮



[PART2] いじめに取り組む

現場レポート

1 カウンセラー自身が加害者である可能性  久野能弘

2 対応の可能性と限界  牧 正興

3 保健室でのこころみ  小寺成子



ユニークな学校づくりの中で

1 自立を尊重する学校に変える

:三春町立桜中学校  長谷川道雄

2 生きる意味の発見を促す教育

:生野学園高等学校  宇都宮 誠

3 人間尊重教育の実践

:黄柳野高等学校  小島三彦



book guide

いじめを読む─100冊の本  岡村達也



enquete

学校臨床心理士といじめに関するアンケート

解説・村山正治

[資料] 児童生徒の問題行動等に関する調査研究協力者会議報告

─「いじめの問題に関する総合的な取組について」(概要)



●論説

学校教育における援助システムと援助のコーディネーション  石隈利紀



●連載    こころのパトロジー(9)

─精神分裂病の周辺(2)強迫現象・反復行為  松本雅彦

高齢者のメンタルヘルス─うつ病を中心に(4)

─診断と治療を困難にしている理由  高橋祥友

シネマそしえて2 探されるのは猫だけ?

─『猫が行方不明』  杉山光信

概念の心理療法(11)分裂と統合  河合俊雄

個室論(13)墓も個室の時代  島田裕巳



●ほんとの対話

遠藤利彦著『喜怒哀楽の起源』  無籐 隆

K・R・アブロウ著『カプラー医師の奇妙な事件』  水野美紀

中根 晃著『自閉症児の保育・子育て入門』  高木徳子

松岡素子・松岡洋一著『心が痛い子どもたち』  佐々木雄二



●こころの現場から

幻の院内放送局(子どもの臨床)  山登敬之

14歳(家庭裁判所)  藤川洋子

デイケアと作業療法

─産業療法の実践(デイケア)  安斎三郎

同性愛のぼくがここにいる(保健室)  中坊伸子



伝言板