雑誌詳細:こころの科学  (1998年11月号)

(1998年11月号) 通巻 82号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
自己の心理学
牛島定信 編
定価:税込 1,362円(本体価格 1,238円)
在庫なし
発刊年月
1998.10
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
146ページ

内容紹介

思春期・青年期の時代には誰でも、自分とは、自己とは、という疑念をもつ。人はエリクソンの漸成図のように「筋書き」どおりに成長していくはずもない。自己(わたし、自分)にまつわる心理や精神病理を、臨床事例を中心にやさしく説明する。

●巻頭に・・日本の向精神薬事情 山下 格



特別企画 自己の心理学



1 自己とは何か─精神分析と主体について  鈴木國文

2 「自己」の発達について

─M・マーラーとP・ブロスの研究から  上別府圭子

3 青年期におけるアイデンティティ

─「自分とは何か」を悩む  鑪幹八郎

4 心理テストにおける自己の現れ  中村留貴子

5 自己意識過剰─対人不安  北西憲二

6 みずからの容姿を醜いと悩むこころ

─醜形恐怖症  鍋田恭孝

7 不格好な身体像─過食症  水俣健一

8 わるい自己─いじめ、虐待  久場川哲二

9 失った自己─全生活史健忘  大矢 大

10 変転する自己─解離性同一性障害  石黒大輔

11 性転換願望─性同一性障害  加澤鉄士

12 誇大的な自己─自己愛性障害  福井 敏

13 不確かな自己─境界性人格障害  林 直樹

14 価値のない自己─うつ病  吉松和哉

15 自明性の喪失─精神分裂病  牛島定信



●論説

性格心理学の挑戦  佐藤達哉

精神療法の真価が問われる時代  中久喜雅文

中・高校生の薬物濫用とカウンセリング  高桑 茂



●連載

ルポ・ニッポン人(2)夢も希望もなく  林 雅行

森羅クリニック(8)告知の知  齋藤磐根

シネマそしえて・2

恥ずかしいほどに膨らんだ欲望のゆくえ─『河』  杉山光信

発達障害の豊かな世界(10)自閉症の体験世界  杉山登志郎

“母性愛神話”を問い直す(6)

続・検証「三歳児神話」  大日向雅美



●ほんとの対話

下坂幸三著『心理療法の常識』  神田橋條治

野村総一郎著『「心の悩み」の精神医学』  鍋田恭孝

藤繩 昭編『こころのソムリエ』  宗像恒次



●こころの現場から

本日往診(子どもの臨床)  山登敬之

五人目の家族(大学病院神経科)  加藤忠史

母性はふるさとになり得るか(母子臨床)  田中千穂子



伝言板