雑誌詳細:こころの科学  (2000年 1月号)

(2000年 1月号) 通巻 89号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
現代人の悩みと森田療法
北西憲二 編
定価:税込 1,257円(本体価格 1,143円)
在庫僅少
発刊年月
1999.12
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
132ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

東洋的、宗教的、権威的治療として語られてきた森田療法。最近では、日本で生まれた精神療法として国際的な広がりを見せ、また入院から通院へと治療対象も拡大しつつある。現代に見合った「森田療法」の可能性を探る。

●巻頭に・・20世紀の回顧・その2(精神医学) 山下 格



特別企画

現代人の悩みと森田療法



●森田療法とは

我執の病理と森田療法-東洋的自己心理学の立場から  北西憲二

森田正馬と森田療法  近藤喬一

森田療法と東洋思想-特に自然観をめぐって  藤田千尋

現代社会における森田療法の可能性  牛島定信



●森田療法とその技法

森田療法における診断と治療面接の進め方  中村 敬

現代的病態と入院森田療法  黒木俊秀

外来森田療法(1)

精神科クリニック─入院森田療法および精神分析的精神療法との比較から  橋本和幸

外来森田療法(2)

心療内科  伊藤克人

日記療法  久保田幹子

森田療法とカウンセリング  増野 肇



●森田療法と現代

パニック障害と森田療法  立松一徳

ひきこもり(対人恐怖も含む)と森田療法

塩路理恵子  強迫性障害と森田療法  館野 歩

森田療法と家族  市川光洋

森田療法と自助グループ 集談会へようこそ:

「生活の発見会」とその新しい試み  菊地真理

中国における森田療法  岡本常男

サイコオンコロジーと森田療法  伊丹仁朗



●論説

日常性の心理療法  大山泰宏



●新連載

逸脱の精神史(1)それは何だったのか?  酒井明夫



●連載

シネマそしえて・2

精神分析医とマフィアのおかしな出会い 『アナライズ・ミー』  杉山光信

時代が病むということ─無意識の構造と美術(3)

シュルレアリズムと精神病  鈴木國文

ルポ・ニッポン人(9・終) あの戦争・いまどきの流行り病  林 雅行



●ほんとの対話

村瀬嘉代子編『聴覚障害者の心理臨床』  神田橋條治

茂木健一郎『心が脳を感じるとき』  松元健二



●こころの現場から

古ピアノの調律(中学校)  赤田圭亮

「頭が悪い」ということ(子どもの臨床)  松岡素子・松岡洋一



伝言板