雑誌詳細:こころの科学  (2000年 3月号)

(2000年 3月号) 通巻 90号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
分裂病治療の現在
岡崎祐士 編
定価:税込 1,466円(本体価格 1,333円)
在庫なし
発刊年月
2000.02
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
168ページ

内容紹介

ここ数年、分裂病を病む人々の自立・社会参加の可能性は広がったようにみえる。が、その苦悩、分裂病罹患による人生への負の影響と家族・社会の損失が大幅に軽減されたとはとても言えない。21世紀を展望しつつ、分裂病治療を問い直す。

特別企画

分裂病治療の現在



分裂病にはどういう治療が必要か  中井久夫

分裂病の治療─過去・現在・未来  市橋秀夫

「治す」ことから「治る」ことへ─精神病理学からみた分裂病治療  松本雅彦

分裂病を治すとは─精神療法の立場から  五味渕隆志

分裂病を治すとは─生活臨床の立場から  長谷川憲一・伊勢田堯・小川一夫

自己治癒力と分裂病治療─歴史に学ぶ病気の見方と治療の考え方  八木剛平

分裂病になぜ薬が効くのか  福田正人・赤田卓四朗・上原 徹

これからの分裂病治療薬  村崎光邦

分裂病治療のヒントを与える病態生理仮説  松岡洋夫

分裂病のリスクファクタ─および治療反応性関連因子  高貝 就・武井教使

分裂病からの回復力と再発への抵抗力を強める

  ─認知行動療法としてのSSTの実践から  前田ケイ

家族と家庭のケア力を強める  大島巖・伊藤順一郎

家族からみた分裂病の治療  小松正泰・中井和代

施設・地域・文化環境の治療的力  西園昌久

分裂病は予防できるだろうか  加藤伸勝

人生の四季と分裂病治療  臺 弘



精神分裂病を考える

[精神科主任教授アンケート]



●新連載

クリニカル・インターネット(1)インターネットは無意識だ  高石浩一



●連載

逸脱の精神史(2)白と黒のヘロボロス  酒井明夫

シネマそしえて・2

  嘘も本当も人間関係の潤滑油 『理想の結婚』  杉山光信

時代が病むということ─無意識の構造と美術(4)

フロイトのウィーン  鈴木國文



●ほんとの対話

クレー『第三帝国と安楽死』  大林雅之

バーカー『児童精神医学の基礎』  村瀬嘉代子

高橋清久・大島厳編「精神障害者ケアマネジメントの進め方」  井上新平

バート&ヘンドリック

  『コンサイスガイド 女性のためのメンタルヘルス』  山下 格

ベイネイデック&ブラウン『離婚しても子どもを幸せにする方法』  藤川洋子



●こころの現場から

本社の「指導」(中学校)  赤田圭亮

知能検査でわかること(子どもの臨床)  松岡素子・松岡洋一



85-90号・総目次



伝言板