雑誌詳細:こころの科学  (2004年11月号)

(2004年11月号) 通巻 118号

  • 紙の書籍
偶数月17日発売
[特別企画]
自殺予防 
高橋祥友=編
定価:税込 1,257円(本体価格 1,143円)
在庫僅少
発刊年月
2004.10
旧ISBN
4-535-14018-9
ISBN
978-4-535-14018-9
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
126ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

わが国では年間自殺者3万人という緊急事態が続いている。未遂はこの10倍と推定され、既遂や未遂が及ぼす周囲の人たちへの影響も重大である。いまや交通事故死の4倍にふくれあがった自殺の現況とその予防対策を論じる。

●巻頭に――「見通し」 岡崎祐士



特別企画

自殺予防 高橋祥友=編

自殺の現状 高橋祥友

学校における自殺予防教育

―自殺予防プログラムを実施して 阪中順子

大学生の自殺予防 内野悌司

地域における高齢者への自殺予防活動 高橋邦明

自殺の地域差 渡邉直樹・瀧澤透・山下志穂

自殺の労災補償と予防 黒木宣夫

プライマリケアと自殺予防 西島英利

自殺予防における看護師の役割 福山なおみ

過労自殺 川人博・山下敏雅

「自殺報道」を考える 高橋康弘

自殺の後に遺された人 斎藤利江子

自殺が起きた後の対応 高橋祥友



●論説

精神障害者の地域支援活動

―英国ロンドンのACTシステム体験記 藤田大輔



●連載

子どものための小さな援助論(11)

摂食障害と援助の関係について 鈴木啓嗣

鑑定医の事件簿(13)

犯行を忘れる犯人―ベンゾジアゼピン健忘 風祭元

カウンセリング原論(12)カウンセラーの言葉 菅野泰蔵

スクリーン精神医学(16)

記憶喪失―『心の旅路』 高橋祥友

人格障害という「現象」(2)解離現象にどう向き合うか 林直樹

日常性の心理療法(6)物語を生きる 大山泰宏



●ほんとの対話

ミッチェル・ズーコフ著『いのち輝く日』 小笠 毅

ポール・L・ワクテル著『心理療法家の言葉の技術』 溝口純二

大島巌編著『ACT・ケアマネジメント・ホームヘルプサービス』 三野善央 ^



●こころの現場から

学習合宿―――(高等学校) 夏木智

飲み物人間!?―――(食の風景) 吉長三恵子



伝言板