雑誌詳細:こころの科学  (2006年 9月号)

(2006年 9月号) 通巻 129号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
PTSD――ストレスとこころ
加藤進昌=編
定価:税込 1,257円(本体価格 1,143円)
在庫僅少
発刊年月
2006.08
旧ISBN
4-535-14029-4
ISBN
978-4-535-14029-5
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
132ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

PTSDという言葉が急速に人口に膾炙し、いまや略語のまま通用するようになっている一方で、診断の安易な「乱用」も目立つ。ストレスとこころ、ストレスと脳との関係にも広く目を配りつつ、PTSDの現在を明らかにする。

●巻頭に――文化の地図 青木省三



特別企画

PTSD――ストレスとこころ 加藤進昌=編



●ストレスとPTSD

ストレスとPTSD 加藤進昌

ストレスと脳 加藤忠史

トラウマについての断想 中井久夫

PTSDと解離 柴山雅俊  PTSDと悪夢

―夢の「エピソード記憶化」現象について 前田正治・土生川光成

PTSDの生物学―脳画像を中心に 笠井清登・山末英典

PTSDの治療法 飛鳥井望

PTSD診断と法律 ―他の医学領域の疾患の診断と比較し て 岡田幸之



●さまざまなPTSD

自然災害とPTSD 加藤寛

交通事故とPTSD 松岡豊・西大輔

暴力被害の体験とPTSD 小西聖子

子どものトラウマ

―その特徴と新しい治療的試み(EMDR) 伊東ゆたか

がんとPTSD 松岡豊・大園秀一

PTSDと人格障害 岡野憲一郎



●論説

研修医の「うつ」を救えるか 塚田真紀子



●新連載

都市型臨床の時代(1)治療文化のフロンティア 井原 裕



●連載

うつ病の真実(10)メランコリーから躁うつ病へ 野村総一郎

学び方の違う子どもたち(3)ADHDをもつ子どもたち(1) 畠垣智恵

タイムマシン心理療法(9)未来時間ピクチャー三題 黒沢幸子



●ほんとの対話

江花昭一監修

『医療・福祉現場で役立つ臨床心理の知恵Q&A』 神田橋條治

坂本真士・丹野義彦・大野裕編『抑うつの臨床心理学』 辻敬一郎

佐藤正二・佐藤容子編『学校におけるSST実践ガイド』 松見淳子

神田橋條治著『「現場からの治療論」という物語』 藤見幸雄



●こころの現場から

宿泊学習――(養護学校) 鈴木彰典

トオル――(小学校) 山際敏和



伝言板