雑誌詳細:こころの科学  (2007年 5月号)

(2007年 5月号) 通巻 133号

  • 紙の書籍
偶数月25日発売
[特別企画]
早期治療をめざす
岡崎祐士・水野雅文=編
定価:税込 1,257円(本体価格 1,143円)
在庫僅少
発刊年月
2007.04
ISBN
978-4-535-14033-2
雑誌コード
63955
判型
B5判
ページ数
122ページ
定期購読申込ページへ

内容紹介

より早く、前兆や病状を見出し、適切な対応を提供すれば、その後の経過も良好になることが明らかになり、精神疾患への早期介入、早期治療に対する関心が世界的に高まっている。早期治療のためには何が大切なのか、海外の例を紹介しながら、これからの精神医療を探る。

巻頭に――職域のうつ病診断は適切か 宮岡等



特別企画

早期治療をめざす 岡崎祐士・水野雅文=編



早期治療とは何か

―精神医学・医療のニューフロンティア 岡崎祐士

早期精神障害への支援と治療―その根拠と目的 西田淳志

早期診断・治療の実際 小林啓之・水野雅文

メルボルンにおける早期介入サービスの実例

―ORYGEN・ユース・ヘルス 茅野分・水野雅文

イギリスにおける早期介入

―国の政策に採用され普及するサービス 松本和紀

早期介入チームの実際 野中猛・植田俊幸

摂食障害の早期治療と自助組織 生野照子

日本における精神障害予防―研究・活動の歩み 小椋 力

早期治療と精神医学研究 川崎康弘・鈴木道雄・倉知正佳

英国にみる地域ケアの発展と初期介入サービス 伊勢田堯・平賀正司

医療費適正化と精神障害予防 伊藤弘人

英国の精神保健スタンダード&マニュアル(抜粋)

西田淳志・針間博彦・石倉習子



論説

生まれてこなかった子どものために 西川 勝



新連載

臨床を支える言葉(1)過去と未来の接点に立ち会うこと 遠藤裕乃



連載

うつ病の真実(14)うつ病の病前性格論と双極スペクトラム概念 野村総一郎

学び方の違う子どもたち(7)アセスメントから見えてくるもの 畠垣智恵

都市型臨床の時代(5)超短時間精神療法の経済倫理 井原裕

タイムマシン心理療法(13)ミナコの家庭内暴力 黒沢幸子

ほんとの対話N・シミントン著『分析の経験』 神田橋條治

成田善弘編『境界性パーソナリティ障害の精神療法』 鈴木千枝子

北山修監修『日常臨床語辞典』 斎藤環



こころの現場から

特別支援学校へ――(特別支援学校) 鈴木彰典

反 抗――(小学校) 山際敏和



伝言板