雑誌詳細:法律時報  2007.09

2007.09 通巻 987号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
生体移植をめぐる法的諸問題
定価:税込 1,543円(本体価格 1,429円)
在庫なし
発刊年月
2007.08
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
156ページ

内容紹介

生体からの臓器移植については、メリットとともに検討すべき課題が多数指摘されており、諸課題のどの部分が法的規制になじむかということ自体、十分に議論されてきたとはいいがたい。本特集では、立法論をも視野に入れ、医療の実態を踏まえて、法的問題を多角的に検証する。

【法律時評】

法科大学院再考――新司法試験制度と法科大学院教育 須網隆夫



■特集=生体移植をめぐる法的諸問題

生体移植をめぐる法的状況――本特集の趣旨  城下裕二

生体臓器移植をめぐる医学的・社会的状況  平野哲夫

生体移植をめぐる「法と倫理」  旗手俊彦

生体移植と「患者の自己決定権」  中山茂樹

生体移植と医療過誤  寺沢知子

生体臓器移植におけるドナーの要件――親等制限  丸山英二

生体移植をめぐる刑事法上の諸問題  甲斐克則

臓器売買罪の保護法益  川口浩一

生体移植の公的規制のあり方――臓器移植法改正試案 橳島次郎

イギリスおよびアメリカ合衆国における生体移植  佐藤雄一郎

ドイツ連邦共和国における生体移植  岡上雅美

スウェーデンにおける生体移植の法規制  両角道代

アジア諸国における生体臓器の提供・移植に関する法制  粟屋剛



【論説】

《連載(16)》代理の研究――法律行為研究会

 任意後見と代理  星野茂

《連載(4)》21世紀の社会保障法研究に問われるもの――権利論の再構築の観点から

  社会保障の権利と組織・財政について――社会保障構造改革の問題点  河合克義

独占禁止法の執行停止規定導入の経緯、その運用状況および課題(上)  鈴木恭蔵

裁判員制度と法廷侮辱罪  多谷千香子



【特別刑法判例研究】

一般廃棄物と産業廃棄物の混合物を一般廃棄物用の中間処理施設に投入する行為が

  廃棄物の処理及び清掃に関する法律16条違反とされた事例  岡部雅人



【労働判例研究】

時限ストの「著しい不利な圧力」該当性とロックアウトの相当性

  ――安威川生コンクリート工業事件  小早川真理



【最高裁新判例紹介】

刑事事件

  ――平成18年4月24日第三小法廷決定(再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する

       即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件)

平成18年5月16日第三小法廷決定(わいせつ図画頒布、わいせつ図画販売、児童買春児童ポルノに係る、

行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反、わいせつ図画販売目的所持被告事件)

平成18年8月30日第二小法廷決定(窃盗、出入国管理及び難民認定法違反被告事件)

平成18年8月31日第三小法廷決定(わいせつ略取、強盗強姦、強盗強姦未遂、窃盗、

道路運送車両法違反、強姦未遂、強姦、わいせつ略取誘拐被告事件)

平成18年10月10日第三小法廷決定(強姦未遂、住居侵入未遂、住居侵入、窃盗被告事件)



【史料の窓】

佐藤大使、加瀬公使による早期終戦の意見電報 佐藤元英



新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム