雑誌詳細:法律時報  2007.10

2007.10 通巻 988号

  • 紙の書籍
毎月27日発売
[特集1]
生殖補助医療の規制と親子関係法
定価:税込 1,543円(本体価格 1,429円)
在庫なし
発刊年月
2007.09
雑誌コード
08027
判型
B5判
ページ数
164ページ

内容紹介

代理母をはじめ、最近問題になっている生殖補助医療を中心的に取り上げ、そのような技術を使用することの倫理性、法規制のあり方、ならびにそこから生まれた子の親子関係法につき、さまざまな専門分野から検討する。

【法律時評】

政党政治の現実と議会制民主主義の復活!?

――参院での与野党逆転を契機に 上脇博之



■特集=生殖補助医療の規制と親子関係法

《座談会》

生殖補助医療の規制と親子関係法

――とくに代理懐胎について 石井美智子、佐藤やよひ、柘植あづみ、吉村泰典、高橋朋子(司会)

《論 考》

生殖補助医療における自己決定と憲法 青柳幸一

生殖補助医療と子の権利 水野紀子

生殖補助医療と刑事規制 甲斐克則

代理母に関する外国判決の効力~民訴118条の適用に関して

――東京高決平成18年9月29日および最決平成19年3月23日をもとに 長田真里

生殖補助医療の法規制と親子法

――最高裁判決を素材に親子法は誰のためにあるのかを考える 石井美智子

アメリカ法における生殖補助医療規制と親子関係法 中村恵

韓国法における生殖補助医療規制状況――立法化にむけての動き 洪賢秀



【特別企画】 住基ネット憲法訴訟の今日的課題 その1

《対談》

あらためて憲法13条裁判を考える ――住基ネット訴訟に関連して 樋口陽一、中島徹



【論説】

《連載(17)》代理の研究――法律行為研究会

「無権代理人の責任」の構造・射程 長坂純

《連載(5)》21世紀の社会保障法研究に問われるもの――権利論の再構築の観点から

 家族・子どもと社会保障法――家族と国家の関わり方をめぐって 秋元美世

独占禁止法の執行停止規定導入の経緯、その運用状況および課題(下) 鈴木恭蔵



【B&Aレビュー】

井上宜裕『緊急行為論』●刑事法学の動き 米田泰邦



【刑事訴訟法判例研究】

刑事訴訟法328条により許容される証拠 福島至



【労働判例研究】

下級職制による脱退勧奨行為の不当労働行為性 ――JR東海事件 道幸哲也



【最高裁新判例紹介】

刑事事件

――平成18年10月26日第二小法廷決定(審判併合請求事件)

平成18年11月20日第三小法廷決定(詐欺、恐喝未遂、出資の受入れ、預り金及び金利等の

取締りに関する法律違反被告事件)

平成18年11月21日第三小法廷決定(法人税法違反、証拠隠滅教唆被告事件)

平成18年12月13日第三小法廷決定(詐欺、公正証書原本不実記載、同行使、

強制執行妨害、競売入札妨害、電磁的公正証書原本不実記載、同供用被告事件)



【史料の窓】

外務省南洋局の対米無通告開戦計画 佐藤元英



新法令解説

文献月報・判例評釈

メモランダム