【新刊】『素粒子論の始まり 湯川・朝永・坂田を中心に』本日12月5日発売!

『素粒子論の始まり』 『素粒子論の始まり 湯川・朝永・坂田を中心に』

(亀淵 迪/著)

日本の素粒子論を拓いた3人組、湯川秀樹、朝永振一郎、坂田昌一を通して、「いかに研究がなされたか」を描き出す珠玉の一冊。