【刊行予告】『労働組合の基礎 働く人の未来をつくる』他2冊、6月14日発売!

『労働組合の基礎 働く人の未来をつくる』『労働組合の基礎 働く人の未来をつくる』

(仁田道夫・中村圭介・野川 忍/編)

労働者が分断され疎外感を深める今日、労働組合の未来を語る意義は大きい。法学、経済学、社会学の視点から幅広くわかりやすく解説。


『〈法の支配と立憲主義〉とは何か』『〈法の支配と立憲主義〉とは何か 法哲学・法思想史から考える』

(深田三徳/著)

古今の法哲学・法思想史の学問的遺産を丹念に跡付けつつ、法の支配と立憲主義のそれぞれの意味と両者の関係を探究する。


『生きるための安楽死』『生きるための安楽死 オランダ・「よき死」の現在』

(シャボットあかね/著)

年間6000人以上が安楽死で亡くなるオランダ。安楽死はいかに「よき生」につながりうるか。豊富な事例に基づいて紹介する。