月別: 2020年10月

 

jihoubanner01a.JPG

《法律時報》とは
時事法律解説をはじめ、中堅法律家のライフワークともいえる研究論文発表の場として定評のある唯一の専門誌。創業以来、「市民のための法律学」の立場に立ち、問題提起を行ってきた。最新の法律問題、判例情報にも素早く対応しつつ、理論的に深みのある本格的な分析を行う。特集は、学界のオピニオンリーダーとなっている。

△訂正とお詫び

2020年7月号(92巻8号)に下記の誤りがありましたので、謹んで訂正とお詫びを申し上げます。

特集「平成の立法と判例(下)」40頁左段、写真のキャプション

(誤)吉田佑紀
(正)古田佑紀

 


◆2020年11月号 特殊詐欺と刑事法上の諸問題 <好評発売中!>

実務上の重要性も大きい特殊詐欺の諸問題。最高裁判例が示された領域も視野に、刑法理論の重要課題を徹底的に分析する決定版企画。

 
<特集 「特殊詐欺と刑事法上の諸問題」より>

◆企画趣旨

  1 特集の意義 従前、刑法解釈が問題になる限界事例について、確実な有罪立証を目指す我が国の捜査機関のマインドからか、解釈上の問題が起きない形での起訴にとどめる傾向… (本誌より抜粋/本文内容一部参照できます!

 

 
 
 

—— 2020年11月号目次——

◇特殊詐欺と刑事法上の諸問題

企画趣旨… 樋口亮介
特殊詐欺における実行の着手… 安田拓人
受け子の故意と共謀の認定… 半田靖史
特殊詐欺事案における包括的共謀、及び、組織的詐欺について… 品田智史
詐欺罪における共同正犯の限界… 伊藤嘉亮
承継的共同正犯… 樋口亮介
幇助犯の限定――幇助の促進性を中心に… 豊田兼彦
詐欺罪における交付行為の再検討… 荒木泰貴
特殊詐欺における没収・追徴と被害回復… 横濱和弥

 

▼小特集 コロナと社会法――労働と所得保障をめぐる理論的課題

企画趣旨… 笠木映里
21世紀の危機と社会法――コロナ危機が明らかにした社会法の課題… 水町勇一郎
フリーランスの契約規制――労働法、民法および経済法による保護と課題… 橋本陽子
フリーランスへの失業保険―リスクは社会化されたのか… 丸谷浩介
テレワークと労働者の私生活の保護… 河野奈月

 

▼特別企画 コロナと財政・租税法

コロナ危機と財政法… 藤谷武史
COVID-19と租税法――危機対応の財源と世代間分配… 神山弘行

 

【連載】差別解消法と条例の展開――ヘイトスピーチ問題を例に展望する・2
尊厳とヘイト… 遠藤比呂通

【連載】新しい土地法・4-2
放置不動産と人格的価値(下)… 尾崎一郎

【連載】ミクロ憲法学の可能性・2-2/2-3
行政法学からみた国の行政組織における企画・立案と総合調整
――上田報告へのコメント… 木藤 茂
木藤コメントへの再応答… 上田健介

【連載】行政法の基礎理論・2-2
地方自治と行政法 再論(下)… 飯島淳子

【連載】中間総括・刑事司法改革・13
簡易な手続… 後藤 昭

【連載】可視化から弁護人立会いへ――刑事司法改革のネクスト・ステージ・2
弁護人立会いの実践と理論的可能性… 川﨑拓也・斎藤 司

 

医師による薬物投与事件をめぐって只木 誠 【法律時評】※10/28更新

(Web日本評論にて全文公開中。会員登録でお読みいただけます。登録は無料です)

 


◆2020年10月号 動産・債権等を目的とする担保――立法に向けての課題 <好評発売中!>

現在、立法の動きが進んでいる動産・債権等を目的とする担保は様変わりするのか。第一線の研究者が立法にむけての課題を検討する。

 
<特集 「動産・債権等を目的とする担保――立法に向けての課題」より>

◆企画趣旨

 1 立法をめぐる動向
 動産・債権等を目的とする担保について、立法に向けた動きが進んでいる。
 平成31年3月から、公益社団法人商事法務研究会に設置された「動産・債権を中心とした担保法制に関する研究会」 … (本誌より抜粋/本文内容一部参照できます!
 

 
 
 
 

—— 2020年10月号目次——

◇動産・債権等を目的とする担保――立法に向けての課題

 

企画趣旨… 水津太郎
譲渡担保立法の向かうべき方向──動産・債権等を目的とする担保… 松岡久和
流動動産債権担保法制を考える… 山野目章夫
動産及び債権の担保と公示制度の進化――動産担保を中心として… 石田 剛
動産・債権担保の実行… 生熊長幸
動産・債権担保と倒産をめぐる立法的課題
――担保実行に対する中止命令制度を中心に… 中島弘雅
所有権留保の対抗要件立法に関する若干の検討… 小山泰史
包括担保のあり方――財団抵当・企業担保の現状と検討課題から… 池田雅則

 

■特別企画 収容・送還に関する専門部会による提言の検討

北村泰三・村上正直・児玉晃一・宮崎 真・高橋 済・安藤由香里・坂東雄介・小坂田裕子

 

 

ハンセン病問題と憲法尊重擁護義務――菊池事件国家賠償請求訴訟を手掛かりに
德永達哉

新型コロナウイルス感染症にテストされる感染症法(下)… 太田匡彦

市民法論・市民社会論のいま(2)――『市民社会と市民法』から学ぶ… 瀬川信久

東名高速あおり運転事件と自動車運転処罰法の改正… 松原芳博

 

【新連載】差別解消法と条例の展開――ヘイトスピーチ問題を例に展望する・1
企画趣旨… 金 尚均
人種差別撤廃のための国内法整備――国際人権法の観点から… 申 惠丰

【新連載】可視化から弁護人立会いへ
――刑事司法改革のネクスト・ステージ・1-1/1-2
供述の自由保障としての黙秘権と立会権… 渕野貴生
弁護人立会権の理論的根拠に関する一考察… 石田倫識

【連載】新しい土地法・4-1
放置不動産と人格的価値(上)… 尾崎一郎

【連載】消費者法の作り方――規範の基底価値・存在形式・内容・10 [最終回]
消費者法制と税法… 髙橋祐介

【連載】ミクロ憲法学の可能性・2-1
憲法学からみた国の行政組織における企画・立案と総合調整… 上田健介

【連載】行政法の基礎理論・2-1
地方自治と行政法 再論(上)… 飯島淳子

オンライン授業とID吉永一行 【法律時評】
寛容的利用が違法とされた不幸な経緯に関する一考察
――最三小判令和2年7月21日(リツイート事件)… 田村善之 【判例時評】

(Web日本評論にて全文公開中。会員登録でお読みいただけます。登録は無料です)