月別: 2020年1月

 

jihoubanner01a.JPG

《法律時報》とは
時事法律解説をはじめ、中堅法律家のライフワークともいえる研究論文発表の場として定評のある唯一の専門誌。創業以来、「市民のための法律学」の立場に立ち、問題提起を行ってきた。最新の法律問題、判例情報にも素早く対応しつつ、理論的に深みのある本格的な分析を行う。特集は、学界のオピニオンリーダーとなっている。

◆2020年2月号 超高齢社会と犯罪<好評発売中!>

犯罪者に占める高齢者の割合が急増している。矯正、保護、福祉、医療の観点から、高齢犯罪者への対応のあり方を検討する。

 
<特集 「超高齢社会と犯罪」より>

◆高齢犯罪者に対する刑事法上の対応のあり方

 1 本特集の趣旨
 近年、刑法犯検挙人員に占める高齢者の割合が著しく上昇している。これは他の年齢層の検挙人員がより減少していることの結果ではあるが … (本誌より抜粋/本文内容一部参照できます!

 
 

—— 2020年2月号目次——

◇超高齢社会と犯罪

高齢犯罪者に対する刑事法上の対応の在り方
:軽微事犯に対する微罪処分と高齢者サポートセンター創設を中心に
太田達也
高齢犯罪者の実態:法務省の実態調査から … 粟田知穂
高齢犯罪者に対する検察の入口支援 … 吉田誠治
高齢受刑者の矯正処遇の現状と課題 … 中川忠昭
高齢者に対する保護観察所の取組 … 調子康弘
罪に問われた高齢者に対する福祉的支援:刑事司法と福祉の連携に関する日独比較から
鷲野明美
高齢者犯罪の実態と司法福祉における課題:介護をめぐる高齢者の犯罪を含めて
古川隆司
高齢者犯罪と医療 … 野村俊明

 

■小特集 国際人権法から入管収容を考える

入管収容の現在:企画趣旨説明も兼ねて … 小坂田裕子
入管収容における法の支配と国際人権法:ヨーロッパ諸国間における実践を中心に
北村泰三
入管収容と自由権規約 … 村上正直
国際人権条約における入管収容とノン・ルフルマン原則 … 安藤由香里

 

■特別企画 憲法改正問題と報道の自由

憲法改正論議の作法について … 愛敬浩二
取材・報道の自由を語る作法 … 西土彰一郎

●論説
学界回顧を考える … 山野目章夫

【連載】法曹養成制度の岐路・6
「ロースクールと法曹の未来を創る会(Law未来の会)」の活動について
多田 猛

【連載】消費者法の作り方――規範の基底価値・存在形式・内容・3-2
消費者法分野における民事立法の形式をめぐって(下)
吉政知広

【連載】大学法人ガバナンスの現状と課題・2
私立大学法人の理事長・理事・理事会
河内隆史

【連載】憲法の規整力・8-2
[ディスカッション]戦後憲法学における天皇像の不在?
「憲法の規整力」研究会

【連載】【債権法判例の行方】29
抵当権にもとづく物上代位と相殺 … 水津太郎

 
 

科学技術基本法改正の意義と課題佐藤岩夫 【法律時評】
(Web日本評論にて全文公開中。会員登録でお読みいただけます。登録は無料です)
 


◆2020年1月号 法の核心/法学の基本 ——法教育を素材に考える<好評発売中!>

1コマ45分間の初等・中等教育の場で、「法教育」として何を伝えるべきか。各分野の専門家が集い、伝えるべき法の核心を追究する。

 

◆企画趣旨


 法教育(大村敦志『「法と教育」序説』(2010年)、同『法教育への招待』(2014年)参照)が、初等教育・中等教育の現場に浸透しつつある。学会(法と教育学会)も順調に活動を続けており、弁護士会、司法書士会、法務省等の取組みも … (本誌より抜粋/本文内容一部参照できます!

 
 

 

—— 2020年1月号目次——

◇法の核心/法学の基本――法教育を素材に考える

企画趣旨 … 小粥太郎

[法教育の現在]
法教育の現状と課題――法教育に対する学問的検討への期待 … 江口勇治
高校における法教育 … 橋本康弘

[法と法学のエッセンス――1コマ(45分間)で何を伝えるか]
基礎法研究者からみた「法と法学のエッセンス」 … 太田勝造
社会の中の法学 … 原田大樹
「法学の基本」としての「過失」 … 廣瀬久和

[法学から考える法教育]
憲法:個人として、そして国民として在るということ … 江藤祥平
民法:約束に対する法の支援の理解から実践へ … 山口敬介
刑法:刑罰と行為の悪さを語る … 仲道祐樹
訴訟法(紛争解決):裁判と紛争解決の狭間を考える … 山田 文
法教育の基礎・コンテンツ … 山田八千子

■小特集 刑事再審手続の最前線

――「再審格差」の解消に向けて

企画趣旨田淵浩二
再審請求手続の現状と課題 … 石田倫識
再審請求権の本質 … 豊崎七絵
再審請求手続における裁判所の権限と責務 … 斎藤 司
再審請求と検察官 … 水谷規男

【新連載】学校法人ガバナンスの現状と課題・1
2019年私立学校法改正と学校法人ガバナンス … 尾崎安央

【連載】法曹養成制度の岐路・5
法曹の職域と法曹人口――62期弁護士の調査から … 藤本 亮

【連載】消費者法の作り方――規範の基底価値・存在形式・内容・3-1
消費者法分野における民事立法の形式をめぐって(上) … 吉政知広

【連載】憲法の規整力・8-1
憲法学説のなかの天皇制 … 栗田佳泰
憲法学における天皇論の位置 … 坂井大輔

【連載】中間総括・刑事司法改革・8
公判前整理手続 … 白取祐司

【連載】【債権法判例の行方】28
請負における修補に代わる損害賠償の内容と限界 … 田中 洋

 
 
廃プラスチックと環境法北村喜宣 【法律時評】
(Web日本評論にて全文公開中。会員登録でお読みいただけます。登録は無料です)
 
 
【法律時報 訂正・追録履歴】 2019/2020